前へ
次へ

結婚式に白や白っぽい服装は避ける

結婚式の衣装として新婦はウェディングドレスを着ることが多いでしょう。
白は純潔を意味するので古くから花嫁衣裳として使われていきました。
ただファッションにおいては白の服装は結構あります。
結婚式に招待された時、白色の服装で行きたいと考えることもあるかもしれません。
結婚式に着ていくのが良くない服装として白っぽい服があります。
まず白は良くないですが、白っぽい服も避けた方がいいでしょう。
クリーム色やアイボリー、薄い黄色などは厳密にいえば白ではありません。
しかし白っぽく見えたり、ある条件になると白っぽく見える時があります。
となるとあまり好ましくありません。
真っ白で無ければ問題ないのではと考えがちですが、他人からどう見えるかを考えなくてはいけません。
パッと見て白い服でないのかと疑われる服は避けるようにしましょう。
上に何かを羽織ることで真っ白でなくなるなら問題ない時もあります。
ただそれを知らずに取って真っ白の状態にならないよう気をつけないといけません。

Page Top