前へ
次へ

結婚式を挙げるための資金作りはどうする

社会人になれば、親からお小遣いをもらわなくなり、自分の生活は自分で貯めるようになります。
社会人になって稼ぐ金額は個人によってかなり異なりますが、社会人になって親元で生活する場合は、それほど生活費はかかりませんので、この時期にできるだけ結婚資金を貯めるようにしましょう。
一般的には新郎となる男性が多めに結婚に関する費用を捻出する傾向ですが、それでも男性でも女性でも結婚に向けてはコツコツと毎月の収入の中から蓄えておくようにしたいです。
社会人になり、実家を出て生活することになれば生活費はかなりかかりますので、できるだけ最初のうちは実家暮らしがおすすめです。
それでは、将来結婚するにあたり、だいたいどれくらいの費用が発生するかというと、利用する施設によって異なりますが、参列者1人に対して3万円程度です。
50名呼ぶなら150万円となり、100名呼ぶなら300万円です。
もちろん、ご祝儀を頂くので全額新郎新婦が負担ではありませんが、貯められる時にためておくのが良いです。

Page Top